1. HOME
  2. ブログ
  3. 冬虫夏草の副作用について

冬虫夏草の副作用について

冬虫夏草の日本での位置づけは食品ですが,中国では薬品です。

日本では薬品としての認可がないのですが、本来は薬品と考える必要もあるでしょう。

そうなると服用する際も適量というものが有ると考えられます。

天然の冬虫夏草は、お茶のように煎じて飲むのが良いとされています。

その場合、1日の分量は、3.5~5グラムが適量と言われています。

また、サプリメントとして摂取する場合は、そのメーカーが示す適量を守ることが大切です。

基本的に大きな副作用はないと言われていますが、人によっては口の渇きや胃部不快感が発生したり、

場合によっては吐き気を感じることもあるので、もし心配でしたら、最初は少量で試してみると良いでしょう。

冬虫夏草は、免疫機能を上げる働きが有ります。

したがって、免疫機能を抑制しなければならない人は、摂取を控える必要が有ります。

例えばリウマチなどは、免疫を抑制しなければならないため、薬の効果が弱くなる可能性が有ります。

冬虫夏草はさまざまな効果が有り、まだ解明されていない効能もあるため、万一を考えれば、妊娠中は摂取を控えた方が良いと言えるでしょう。

いずれにしても、冬虫夏草は一部の病気を除けば、ほとんど副作用が無いと言われているので、

滋養強壮や疲労軽減などの軽い目的でサプリメントを摂取しても良いものでしょう。

不老不死や永遠の美を求めて、中国古代から愛用されてきた冬虫夏草は、現代社会で成分分析がはっきりとするほど、その効果が期待されてきています。

副作用に注意して服用すれば、健康長寿をもたらす薬膳キノコとして、愛用され続けていくでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事