1. HOME
  2. ブログ
  3. 冬虫夏草サプリメント

冬虫夏草サプリメント

日本では食品に分類されている冬虫夏草ですが、中国では、1987年に、医療機関向け一級漢方に認定されています。日本でも医療機関や大学などで研究されていて、抗がん作用をはじめ、多くの効果が検証されています。

もともと中国では薬草として5000年の歴史が有り、清朝時代に編纂された医学書、「草従新」に保肺益腎と記載され、薬効が有ると伝えられています。

日本でも、その効果は医療機関の臨床データなどでも示されており、がん治療の補助薬などでも使われているのですが、もっと手軽に利用できるサプリメントとしても販売されています。

もともとは中国のチベットでコウモリガを宿主とする虫草菌のコルジセプス・シネンシスを冬虫夏草と呼んでいたのですが、乱獲などで絶滅に近く、中国では輸出禁止となっています。

そのため、日本では、コウモリガとコルジセプス・シネンシスの組み合わせ以外の研究も進められており、それらは日本冬虫夏草と呼んで区別しています。日本冬虫夏草にもさまざまな薬効が検証されており、それらを使ったサプリメントも販売されています。

販売されているサプリメントの中には、コウモリガとコルジセプス・シネンシスの組み合わせにこだわった製品もあります。

虫草菌は、350種類以上あると言われていますが、その菌種によって、宿主となる昆虫を選ぶと言われています。チベット産で知られた冬虫夏草菌は、コウモリガ以外の昆虫では成長しないと言われています。サプリメント製造の会社の中には、冬虫夏草菌をコウモリガの幼虫を用いて培養し、チベット産に近い冬虫夏草を日本国内で生産している例もあります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事