1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本冬虫夏草の効果、効能

日本冬虫夏草の効果、効能

がんの原因とは、人のDNAが持つ遺伝情報が傷つくことによって細胞が突然変異を起こしてがん化するものです。日本冬虫夏草には抗酸化作用が見込める物質が含まれていて、それを飲用することによって細胞のがん化を予防すると考えられています。抗酸化作用が見込める物質とは、メラトニンやフラボノイドなどです。

がん化の予防効果だけではなく、抗がん剤の副作用の軽減作用もあると発表されています。例えば骨髄抑制や鬱の症状、食欲不振などを軽減するとされています。これらの効果により、治癒を早めると期待されています。

ハナサナギタケは、日本冬虫夏草の一種ですが、赤血球の増加作用のある成分が含まれています。その成分はエリスロポエチンという成分で、飲用すれば血球量の増加作用が有ると考えられています。血球量が増加すれば、貧血が改善し感染症が予防できます。

また、がん細胞の増殖を阻害する物質であるペプチドを含んでいることも報告されています。

がんの予防以外にもさまざまな効果が考えられています。例えば、アルツハイマー型認知症です。進行を予防するだけではなく、改善する効果もあるという報告もあります。また、老化進行を予防することや肥満予防についても改善報告が有ります。

虫草菌類は、日本だけでも.350種類以上が生息しています。虫草菌の種類によって、服用した際の効果は異なります。今後はさらに多くの日本冬虫夏草が研究されて、現在提示されている以上のさまざまな効果が発表されることでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事